AFRICANSQUARE アフリカンスクエアーブログ

アフリカ専門輸入販売会社アフリカンスクエアーの公式ブログです。アフリカ各国の生産地・工房のご紹介をしています。

カテゴリ: 中央アフリカ

アフリカ友の会=アフリカ地域のHIV感染拡大防止を目指して始めたNGOです 「飢えと飽食」 世界人口は、今年70億人になりました。そのうちの10億人が飢えに苦しみ、10億人が飽食に苦しんでいます。飽食に苦しむとはおかしいと思われるでしょう。しかし、途上国では、 ...

アフリカ友の会=アフリカ地域のHIV感染拡大防止を目指して始めたNGOです 『エイズの薬を中断する理由』 2006年から「世界基金」の援助によりエイズ薬の治療を開始しました。エイズの治療によりエイズで亡くなる患者さんの数が激減しました。昨年確認した死亡者は31 ...

またまたご無沙汰しております。 近頃は風が強くて突然雨が降ったり。荷物が多いこの時期、ころころと変わる天気に翻弄されまくっております。 さて、久しぶりにボツワナのバスケットが入荷しました! 天然の草木で染められたヤシの繊維で編んだバスケットです。手に取れば ...

アフリカ友の会=アフリカ地域のHIV感染拡大防止を目指して始めたNGOです 「戻ってきた子どもたち」 11月中旬、イブとムサ兄弟が、祖母のもとに戻ってきたと国際電話があった。私は、これで一件落着と安堵した。そして、大人の身勝手さに振り回された兄弟に心から同 ...

アフリカ友の会=アフリカ地域のHIV感染拡大防止を目指して始めたNGOです 「エイズ医療の現場から」 先進国では1996年頃から、エイズ薬の使用によりエイズは「死の病」ではなくなったが、エイズ薬がアフリカでも使えるようになったのは、2001年に設立された「世界基 ...

イブとムサとの別れは、「また、来週ね」といつも週末に分かれるのと同じく淡々と別れたが、もう2度と会えないだろうという思いがこみ上げ、彼らが診療所を去った後から涙が溢れた。彼らが父親の祖国マリ共和国の叔父さんに引き取られることが決まってから、養母である祖母 ...

更新が滞っておりましたが、「NGOアフリカ友の会」よりレポートが届いています。今日は2回分を連続でご報告します! 2月23日に中央アフリカ共和国の首都バンギに着きました。 外気温0度のパリで飛行機を乗り換え7時間のフライト後に夕闇が迫るバンギに17時半に着陸。 ...

昨日に引き続き、NGOアフリカ友の会 徳永瑞子さんから第4回目のレポートです。 クリスマスが近づいてまいりました。 アフリカの子どもたちは、プレゼントを楽しみにクリスマスがくるのを指折り数えて待っていることでしょう。子どもがクリスマスを待ちわびる喜びとは裏腹 ...

アフリカの抱える問題に力を尽くすNGOの方々に少しでも協力したいと、アフリカ協力プログラム行っています。 不定期ですが、現地からの報告をしたいと思います。 アフリカ協力プログラムとは?・・弊社楽天市場店での「すべて」のお買い物の売り上げ金額1%から最大10 ...

 職員のアランは、現在エイズで闘病中。毎週、Eメールで彼の容体が届く。 「アランは、エイズ薬をきちんと飲んでいない。食事をとることを拒否する」など腹の立つ内容である。 職員たちは、「アランが早く元気になるようにと懸命に世話をしているのに、彼は早く死にたいとで ...

アフリカの抱える問題に力を尽くすNGOの方々に少しでも協力したいと、アフリカ協力プログラムを始めて半年が過ぎました。 不定期ですが、現地からの報告をしたいと思います。 弊社、楽天市場店での「すべて」のお買い物の売り上げ金額1%から最大10%がアフリカでの活 ...

↑このページのトップヘ